RSS

プレゼント企画 こだわりの生産地

雑穀枚と玄米の違い


健康ブームにのって、最近では白米だけではなく、雑穀米や玄米を食べる人も増えてきたようですね。
でも、雑穀米と玄米。何がどう違うのか?あまり良く分からないという方も多いのではないでしょうか。

では、雑穀米と玄米の違いについて詳しくお話ししますね。

まず、玄米というのは、精米する前のお米で、籾米から籾殻を除去しただけのものです。
これを精米して糠と胚芽を除去すると白米になります。

雑穀米は、白米に、玄米、黒米、赤米、大麦、きび、ひえ、粟など古代米と言われる穀物を混ぜたものです。

玄米は、栄養豊富な糠がそのまま残っているので、白米よりも栄養価はかなり高いです。ビタミンEやビタミンB1、ミネラル、たんぱく質、食物繊維が豊富な玄米は、咀嚼に時間がかかるため、少量でも満腹感を得られやすいです。

また、デトックス効果も抜群なので、ダイエット効果、健康効果、美肌効果も絶大です。ただ、消化が悪く胃腸に負担がかかりやすいので、下痢や便秘になってしまうことも。

一方、雑穀米には、玄米以外にたくさんの穀物が含まれているため、玄米だけでは補いきれない栄養を補えるというメリットがあります。黒米には、アントシアニンが含まれていて、抗酸化効果を発揮してくれるので、アンチエイジング効果や、目の健康にも効果があります。

粟には、鉄分が多く、女性に多い貧血を改善、予防してくれる効果が期待できます。また赤米には、タンニンが含まれていて、血糖値の改善作用やコレステロール低下作用など、健康効果があります。

雑穀米は、玄米や白米に含まれていない、さまざまな栄養素を摂取することができます。
雑穀米は白米と一緒に炊くので、玄米に慣れていない方にとっては、試しやすいと思います。

ページトップへ