RSS

プレゼント企画 こだわりの生産地

分づきについて

サンゴウ会では、ご注文いただく際、
皆さまのお好みに合わせた精米法をお選びいただけます!

分づき米とは

玄米から精白米へと精米する過程で、ぬかや胚芽の削り具合を調整したお米のことを言います。
玄米は、白米に比べて栄養面で優れいます。(『玄米生活のススメ』を参照ください。)
それは、ぬかや胚芽に含まれる豊富な栄養素がそのままの状態だからです。
この部分の削り具合を調整すれば、栄養も取れて食べやすい、お好みのお米にすることができるのです!

健康のことを考えると玄米を食べた方がいいのかなぁ…でも、白米大好きだしなぁ…と、お悩み中の方!
急に切り替えるのは、ツライものがありますよね。
そのような方には、分づき米から徐々に慣れていくのをおススメします。

また、玄米は、よく噛んで食べないと消化に良くないので、
小さなお子さまには、分づき米なら無理なく食べられ、効果的に良い栄養素を取り入れられるでしょう。

玄米

収穫後のお米から、もみ殻を取り除いた状態

一分づき

ほぼ玄米。玄米の表面をかるく傷をつけた程度です。
傷がついたことで、玄米よりも水分吸収が良く、浸水時間を短縮することができます。
炊飯器の『玄米炊き』機能で、簡単に上手に炊き上がるでしょう。

三分づき

玄米の表皮を3割ほど削ります。ぬか部分が少し削れた程度です。
栄養素が豊富な部分も含んだままです。
食感は玄米よりも柔らかいですが、消化吸収を助けるためにも、よく噛んでお召し上がりください。

五分づき

表皮を半分削ったものです。ちょうど、玄米と白米の中間。
胚芽の栄養はそのままで、玄米よりも消化がよく、食べやすいです。

七分づき

表皮を七割ほど削ります。
胚芽も一部ですが残っていますし、白米と同じように炊飯でき、食べやすいです。
白米よりは、栄養や食物繊維など多く含まれるので、分づき初心者がスタートするのにおススメです。

白米

栄養素が含まれる胚芽やぬか層を取り除いたお米。
磨き上げられたツヤツヤな白米は、栄養面では劣りますが、消化吸収に優れます。
炊き上がりも、ふっくらもっちり。お米の甘味や食感など十分に楽しめます。

ページトップへ