RSS

プレゼント企画 こだわりの生産地

穂が出てきました

7月15日

4月25日に田植えした早生品種「ゆめみづほ」の穂が出始めました。

田植えの期間が長いため、その一方で一番遅く植えた苗は、ようやく活着し、色づいてきました。

本日の風景ですが、田植え時期によってこれだけ生育の違いがあります。

玄米の販売を終了しました

7月7日

お知らせ

暑い時期になりましたので、保存管理の問題上、玄米の販売を終了しました。

ご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程、宜しくお願いします。

生育は順調です

6月24日

4月末から始まった田植えもようやく終わりを迎え、先に植えた苗は順調に生育しています。

今年は少雨で作業は順調に進みましたが、一方で山間地の方は水量が少なく、水不足が懸念されます。

程よく梅雨が来ることを願ってます。

山手のコシヒカリの産地「鍋谷町」 本日の風景

今年のかぼちゃは、今のところ生育旺盛で、このまま7月末から始まる収穫まで、愛情を込めてもうひと頑張りです。

学校田の田植えを行いました

5月18日

本日、近所の辰口中央小五年生による学校田の田植えを行いました。

ほとんどの子が初めての体験であり、最初は「ワーワー、キャーキャー」と恐る恐るでしたが、

最後は泥んこになりなりながらも、みんなの頑張りのおかげで無事終えることが出来ました。

やりきった充実感に満ちた表情が印象的でした。

五年生播種・育苗見学

4月14日

今年も近所にある辰口中央小学校五年生の農業体験学習が始まりました。

播種と育苗について見学してもらい、その後、いろいろな質問に答えましたが、うまく伝わっているといいのですが・・・

エアリーフローラ収穫

3月31日

石川県生まれのフリージアの一品種である「エアリーフローラ」の収穫が最盛期を迎えています。

今年はピンクとイエローの2色を栽培。

花言葉はこの時期に相応しく「希望」「旅立ち」。

繊細な花なので、出荷調整の際には何かと気を使います。

苗作り

3月26日

種まき作業が始まり、いよいよ春作業が始まったという実感が湧いてきました。

昨日からビニールハウス内に苗を入れ始めたのですが、今年は何だか例年より寒い感じがします。

これは催芽した状態の種籾です。

播種作業をして、温室で3〜4日、30℃で加温しますと下の写真のように出芽します。

ビニールハウスに入れて1日後には緑化が始まりました。

まだ気温が低いので、被覆資材をかけて生育させます。

圃場での農作業も始まりました

3月7日

暖かい日が続き、花粉症の症状も出始め、いよいよ春かと思えば、朝から降雪で真冬に逆戻り。

いよいよ外でのお米作り作業が始まりました。

畦塗り、畦畔草刈りと田植えにむけて圃場の準備に取り掛かっています。

畦(あぜ)を塗ることにより、圃場の保水力を高めます。

冬の作業

2月16日

山あいは、まだ雪景色。圃場での活動は3月に入ってからになりそうです。

機械の点検・整備、苗床作りなど、今年度のお米作りに向けて、日々着々と準備を進めております。

1月下旬に「かきもち作り」も終え、ただいま乾燥仕上げの段階です。

辰口中央小5年生の収穫祭に招かれました

12月9日

田植えから稲刈りまで、1年を通した稲作体験の締めくくりとして、

辰口中央小5年生の収穫祭にお邪魔してきました。

稲作体験の総括を発表してもらい、

生徒たちが田植え・収穫したお米で作った「おにぎり」をごちそうになりました。

「自分で育てたお米は、いつも食べているお米よりおいしく感じた!」という意見が印象的でした。

この体験によって、縁遠くなった農業が、

少しでも身近に、心に残るものになってくれれば幸いです。

農作業見学・稲刈体験の様子