RSS

プレゼント企画 こだわりの生産地

宅配で産直のお米


この頃は、日本人のお米消費量が落ちていると言われていますし、また幾つかの調査においてもそのような結果が出ています。
食事が欧米化しているというのは以前から言われていたことでしたが、それに加えて「ご飯=炭水化物=太る」といった間違った認識が広まってしまったことも、お米離れを加速させた要因の一つかもしれません。

しかし、その反動というわけでもないのかもしれないですが、お米のブランド化といったものは近年、激化しているように思います。
お米を通販で購入する人も増えたりして多様な販売方法が可能になっていますので、ますます販売戦略、宣伝といったものが重要視されているのかもしれません。

しかし、これらの状況に伴い、安全で高すぎないお米を手に入れる方法というものを購入者の側でも考えなくてはいけなくなりました。今では、宅配で産直のお米を買うという人も増えて来ているようです。
お米は重い物なので宅配で買う人が増えるのは当然ですが、その時のお米選びで産直という選択をされる人が増えているというのは、近年の食べ物に拘るという姿勢が反映されているような気もします。

産直のお米を専門に扱う通販サイトなども登場しているようですし、お米も新しいブランドがいつの間にか出て来ていたりもしますから、お米を売る側も買う側もそれぞれに「売る工夫」、「買う工夫」といったものが必要になるのかもしれません。

ちなみに、とある専門家は美味しいお米に必要な条件を一に種、二に人、三に自然であるとしているそうです。
つまり、一番重要な要素は種であり、産地は三番目だというのです。

これは、お米の種や栽培方法などが出来に大きく関わっているということであり、「○○産」という謳い文句だけで美味しいと思い込んで買ってしまうのは危険であるということなのでしょう。
もちろん、産地は重要ですが、それだけで決めずに他の要素もちゃんと検討する必要があるということは忘れてはいけないというわけです。

ページトップへ