RSS

プレゼント企画 こだわりの生産地

フライパンでお米料理


フライパンで作れるお米料理の種類って結構あるようです。
確かに独り暮らしだと炊飯器をまだ買ってないとか、炊飯器を使うのが面倒ということもありますからフライパンで出来るというのは便利かもしれません。

そこでフライパンのお米料理について少し記しましょう。
先ず、料理というかフライパンで炊飯する方法についてです。
お米を研ぐところは通常通りですが、研いだお米をフライパンに移して水を入れます。
お米1合分で水が200mlと考えておいてください。
水を入れた後にフライパンを軽く揺らしてお米が水平になるようにします。
30分程度、お米に吸水させるのですが、この時、埃などが入らないように蓋をしておきましょう。
冬になると吸水が遅いため、時間を少し長くした方がいいかもしれません。

吸水が終わると火にかけるのですが、蓋は必ず閉めておいてください。
鍋の蓋だと空気穴がついていることがありますが、その場合、そこは塞ぐ必要があります。
やや強めの火加減で沸騰するまで待ち、沸騰後は弱火にして10分炊きましょう。
10分後に火を消してから更に15分程度、蓋を取らずに蒸らします。
蒸らし終わると出来上がりです。

お米は土鍋や片手鍋でも炊くことが出来ますので、炊飯器やフライパン以外でという人でも大丈夫です。
土鍋で炊けば美味しくなるとは言いますが、片手鍋やフライパンでも炊き方によって美味しくすることも出来ますから、炊飯器ではないから美味しくならないというわけではないのです。

ただ、炊飯器ならボタンを押せば後はその場を離れていられますが、フライパンなどの場合はコンロを使用しているため、絶対にその場を離れないでください。

ちなみに、料理ということならパエリアなどがフライパンで美味しく出来るものの一つです。
レシピも多いので色々と工夫することで直ぐには飽きないと思います。
他にもリゾット、オムライス、チャーハンなどがあります。
リゾットなどは使用するものによっては炒めたお米にスープを入れるだけになるので、とてもお手軽かもしれません。